包茎の治し方のあれこれ|もう薄毛とは呼ばせない!ミノキシジルでしっかり対策!

もう薄毛とは呼ばせない!ミノキシジルでしっかり対策!

白衣の男性

包茎の治し方のあれこれ

海に入る男性

包茎は一般的にクリニックへ行き、皮を切除してもらいます。包茎には3種類あり、勃起時のみ自然と亀頭が露出する仮性包茎、通常時のみ手で亀頭を露出できるカントン包茎、通常時ですら困難な真性包茎があります。特に男性を悩みである包茎で多いのがカントン包茎と真性包茎です。 仮性包茎の場合、余っている皮によっては手術が必要ないことがありますが、清潔なイメージを重要視したい方は切除してもらうことができます。 カントン包茎と真性包茎は普段から亀頭が露出していないこともあり、亀頭が弱く小さいためなるべく早く手術をしたほうがいいでしょう。 どの包茎も皮を切除した後に傷跡が目立たないよう亀頭の根元を縫います。抜糸まで性行為はもちろん自慰行為も制限されますが、悩みが解消されるとともに亀頭が鍛えられたくましい見た目に生まれ変わります。

クリニックのカウンセリングで手術の必要がない方のほとんどが仮性包茎です。通常時に亀頭が露出していないだけなので普段から手で剥く癖をつければ治る場合があります。 カントン包茎は包皮口が狭い仮性包茎の方がなる包茎で、無理やり剥いて亀頭に皮が引っかかり戻らなくなる状態です。稀に皮が伸びて治ることもありますが、無暗に剥いて戻らなくなると皮がうっ血してしますので医師に相談してみましょう。 真性包茎は剥くことが困難なので無理やり剥くと怪我をする場合があります。さらに悩みが増え人前で堂々とできなくなりますし、剥けないことで不潔になっているため、病気にかかりやすくなっています。 現代ではクリニックで簡単に包茎の悩みを解消できる時代です。カントン包茎と真性包茎は保険が効く場合がほとんどなので経済的にも安心できます。